英語、日本語の情報量の違い

英語、日本語の情報量の違い


無料語彙力アップ 無料語彙力アップ 発音矯正無料体験 発音矯正無料体験 留学資料請求 無料留学情報

◆英語、日本語の情報量の違い◆


情報とは、「聞く、読む」事で得ることができます。

World Wide Web (www)上の情報の約7割は、英語による情報であることをご存知でしたか?
ちなみに、日本語による情報は、全体の約0.6%と言われています。
つまり、日本語の情報の100倍以上の情報が、英語で存在していることになります。

ずばり、あなたの英語力が向上すれば、Webはゴールドラッシュ状態になります。
広告、ブランド戦略、最新トレンド情報など、海外からの情報を参考にしていることを考えると、
英語で情報を獲得できれば、ビジネスチャンスも無限に広がるわけです。
ビジネスの世界では往々にして、ある情報を知っているだけで、人生が激変することがあります。
市場では、情報の量と質が、将来の流れを読むために重宝されています。

多くの人は、Web上の情報を「検索エンジン」によって獲得しています。
Yahoo、Googleなどのメガエンジンを始め、大小さまざまな検索エンジンが存在します。
また、様々なメディアからも情報を得ることができます。
以下に、情報検索の具体的手法を紹介しましょう。


<英語による情報検索の具体的手法>

・検索エンジンを利用する
⇒最も一般的な手法。
検索ワードをよく吟味することが大切。
検索ワードが情報獲得の全てを握っているといっても過言ではない。
「Web上にない情報はない」といわれるほど、豊富な情報が存在している。

・CNNニュースなど、ラジオ、番組の活用
⇒BSなどを利用し、海外のメディアを積極的に利用する。
最新のトレンド情報など、ホットな情報を入手できる。

・欧米人との人脈作り
⇒リスニング力とスピーキング力が大きな鍵。
また、円滑なコミュニケーション能力が問われる。
「真に有用な情報は、人が持っている」といわれるほど、人の持っている情報は計り知れない。
ビジネス、プラーベートでの積極的な行動が大切。

・海外発の、新聞、雑誌を読む
⇒特に雑誌は内容ごとに分かれているので、欲しい情報を短時間で得られる。
専門誌では、より専門的な用語の知識が必要となる。


最近はiPodなどを利用して、いつでも手軽に海外メディアを聞けるようになりました。
環境は整っているので、後はあなたの努力と工夫次第と言えるでしょう。


あなたは今、「英語、日本語の情報量」にいます。




Copyright(c) 2005 TOEIC攻略ノウハウ集 all rights reserved.

TOEIC攻略関連情報

  1. TOEIC勉強法履歴
  2. TOEIC受験履歴書
  3. TOEICオススメ教材・問題集
  4. TOEIC受験 学習法変更
  5. ビジネス単語攻略
  6. 今後の英語教育
  7. TOEIC スコアの不思議
  8. 英語、日本語の情報量
  9. TOEIC質問大募集♪
  10. 新TOEIC勉強会開催
  11. 通訳ボランティアのススメ
  12. 新TOEIC攻略宝箱
  13. TOEICを生かす仕事
  14. TOEICで仕事ゲット!
  15. 英語のことわざ
  16. TOEIC IPテストとは
  17. 無料英語学習無料で英語学習



SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO