TOEIC 英会話スクール 学校教育 就職 勉強方法

TOEIC 英会話スクール 学校教育 就職 勉強方法


無料語彙力アップ 無料語彙力アップ 発音矯正無料体験 発音矯正無料体験 留学資料請求 無料留学情報

◆TOEIC 英会話スクール 学校教育 就職 勉強方法◆


今年度のセンター試験に、リスニング問題が導入されました。
また2006年5月よりTOEIC試験は、パート3とパート4の設問が音声化されるなど
リスニングに重点が置かれ、リーディングも長文化されるようです。
今後の社会動向を見据え、各種試験が総合力を問うものに変わりつつあります。
これまでの試験は、リスニングとリーディングが中心で、主にインプットの力のみが
問われてきたことを考えると、画期的な変化だと思います。

企業では今後ますます海外との取引が増えると予想されるため、スピーキングやライティングの
アウトプット能力強化が求められるでしょう。
つまり、自ら自分の考えを表現していかなくてはならないのです。
与えられたものだけを器用にこなす秀才人間よりも、失敗を恐れず自分で考え行動する人間がいま
必要とされています。
翻訳者や通訳者など、語学を専門とする職業以外にも、さまざまな職種で英語が身近になる
時代になってきているのも、疑う余地はありません。

学校の英語教育は、高校卒業までに900時間、4年制大学卒業までに1200時間といわれています。
私たち日本人は、これほど多くの時間を英語教育に費やしてきたにもかかわらず、世界水準に
照らし合わせると先進国の中ではかなり低いレベルに甘んじています。
学校教育の問題点もかなり指摘されています。
しかし、われわれ教育を受ける側も、より積極的に習得する意欲を持たなければなりません。
同じアジアの韓国などは、日本に比べ、TOEIC平均点が相当高くなっています。

日本語と英語の神経回路はまったく違うものであり、個別のものとして習得する必要があります。
現在は、幼稚園や小学校でも英語教育が導入されています。
中には、「まずは日本語を身につけてから、その後に英語教育を」という声もよく聞かれます。
しかし、日本語と英語の神経回路はまったく違うものですから、頭が柔軟な幼少の頃に
両言語を同時進行で学ぶことは、とても有益であると考えます。
何よりも、若い頃のほうが吸収力がありますからね。
私の友人も、自分の息子を英語オンリーの幼稚園に入学させるといっていました。

日本は人情を重んじる国であり、日本語は、情緒的である意味あいまいな表現が多数存在します。
逆に英語は、契約を重んじる国であるため、論理的で一貫性のある表現が用いられます。
言語を学ぶことはその国の哲学を学ぶことでもありますから、英語教育は人格形成にも
大きな影響を与えます。
つまり、英語を使いこなすということは、その国の文化、宗教、風俗を理解することなのです。
これまでの英語教育は、テクニック中心の内容が主でした。
それは、日本の受験制度に起因すると思います。
しかし、語学習得にはその国に関する深い理解が必要です。
教育を与える側も受ける側もこの点を十分認識し、実用的で本質を突いた勉強をしていかなくては
なりません。
日本文化は、「恥の文化」といわれています。
日本人には、恥を恐れるという感情が、潜在意識の中に深く根付いています。
外国語を習得する一番の近道は、実践練習を数多く積むことです。
しかし、実践においては、たくさんの失敗や恥を経験しなければなりません。
恥をかくことが、外国語習得には欠かせない要素なのです。
恥をかくことで、「次こそは!」というモチベーションがあがるわけです。

英会話学校では、シチュエーションごとに会話練習をすると思います。
初対面での挨拶の仕方、自己紹介の仕方など、それぞれの表現を学びますよね。
確かに、各場面では頻繁に使われる表現はあると思います。
しかし、実際の会話は台本通りには進まないもので、逆に聞きなれない表現がたくさん使われる
ことでしょう。
よって、英会話学校で学んだ表現は、すぐに実践の中で使わなくてはなりません。
どんどん使うことで、体に染み込ませなければなりません。
勉強したからといって満足していてはいけないのです。

これからの英語教育は、実践をより重視しなければならないと思います。
相手の話を聞き、考え、意見を述べる訓練が何よりも必要です。
通訳のボランティア、有志による勉強会、交流会などに積極的に参加することをお勧めします。
学生の方ならば、留学が何よりも習得に拍車をかけるきっかけとなるでしょう。
その国で生活することでさまざまな刺激を受け、語学習得の大きなモチベーションになるはずです。

これまで語学学習の方法をを他人に依存してきた方は、自分から積極的に機会を見つけるように
努めてください。
勉強時間の確保に加えて、実地での訓練が欠かせません
私も発音を徹底的に鍛えるために、さまざまな工夫をしています。
あなたの工夫次第で、勉強の方法や機会は、いくらでも広がるのですから。


あなたは今、「今後の英語教育」にいます。




Copyright(c) 2005 TOEIC攻略ノウハウ集 all rights reserved.

TOEIC攻略関連情報

  1. TOEIC勉強法履歴
  2. TOEIC受験履歴書
  3. TOEICオススメ教材・問題集
  4. TOEIC受験 学習法変更
  5. ビジネス単語攻略
  6. 今後の英語教育
  7. TOEIC スコアの不思議
  8. 英語、日本語の情報量
  9. TOEIC質問大募集♪
  10. 新TOEIC勉強会開催
  11. 通訳ボランティアのススメ
  12. 新TOEIC攻略宝箱
  13. TOEICを生かす仕事
  14. TOEICで仕事ゲット!
  15. 英語のことわざ
  16. TOEIC IPテストとは
  17. 無料英語学習無料で英語学習



SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO